オホーツクキャリアデザインフォーラム2016

(無事終了いたしました。結果は当ページを下へスクロールしてご覧くださいませ。)

★  概要 

 

テーマ:『一緒に踏み出そう!』~未来の自分をデザインする~

日時:2016227日(土)13001700 (開場1230

場所:北見市民会館小ホール 北見市常盤町2丁目1-10

入場料:1000

定員:120

託児:無料(要予約)

 

 

★  プログラム  

 

★特別講演&トークショー 脚本家の大石静氏と、

 オホーツク在住代表の田澤由利(㈱テレワークマネジメント)とのトークショーです。

★オホーツクキャリアデザイン大賞プレゼンテーション

★グループディスカッション

★各賞発表&表彰式

 

大石静 Shizuka OISHI (脚本家)

 

 東京生まれ。日本女子大文学部国文学科卒業。1981年、永井愛氏と二人だけの劇団『二兎社』を設立し、二人で交互に作と主演を担当。1986年に「水曜日の恋人たち」でテレビドラマの脚本家としてデビューして以来、オリジナル作品を中心に多数のテレビドラマの脚本を執筆。97NHK朝の連続TV小説「ふたりっ子」では第15回向田邦子賞と第5回橋田賞をダブル受賞、2008WOWOW「恋せども、愛せども」では芸術祭優秀賞を受賞。2010年、大人の女性と17歳年下の男性との恋愛をリアルに描いた「セカンドバージン」(NHK)は、男女問わず多くの反響を呼んだ。その他の作品として「功名が辻」「ガラスの家」(NHK)、「ギネ 産婦人科の女たち」「クレオパトラな女たち」(日本テレビ)、「長男の嫁」「First love(TBS)、「アフリカの夜」「愛と青春の宝塚 ~恋よりも生命よりも~」(フジテレビ)、「四つの嘘」「セカンドラブ」(テレビ朝日)など。今年の4月からは「セカンドバージン」を彷彿させる、新たな大人のためのラブストーリー「コントレール ~罪と恋~」(NHK/毎週金曜22時~)が放送予定。

 

大石静 氏の公式ブログ「静の海」URL

http://blog.5012.jp/ohishi/

 

 

 

 

田澤由利 Yuri Tazawa (株式会社テレワークマネジメント 代表取締役)

 

 

奈良県生まれ、北海道在住。上智大学卒業後、シャープ(株)でパソコンの商品企画を担当していたが、出産と夫の転勤でやむなく退職。子育て中でも地方在住でも仕事をしたいと、3人の子育てと夫の転勤による5回の転居を経つつ、パソコン関連のフリーライターとして自宅で働き続けた。

1998年、夫の転勤先であった北海道北見市で「在宅でもしっかり働ける会社を作りたい」と(株)ワイズスタッフを設立。さまざまなIT関連業務を受託し、「ネットオフィス」というコンセプトのもと、全国各地に在住する160人のスタッフ(業務委託)とチーム体制で業務を行っている。

2008年には、柔軟な働き方を社会に広めるために、(株)テレワークマネジメントを設立。東京にオフィスを置き、企業の在宅勤務の導入支援や、国や自治体のテレワーク普及事業等を広く実施している。また自らも、場所や時間に縛られない柔軟な働き方である「テレワーク」に関する講演や講義をするほか、ブログやFacebook等で広く情報発信・普及活動を行っている。

 

 

 

 

 

 

 

★  オホーツク キャリアデザイン大賞とは? 

 

 

オホーツク地域で素敵に活躍している女性達に応募していただき、表彰します。

 

彼女達に刺激を受け「私にもできるかも?」と背中を押される人が出てきます。

 

身近な人の小さな成功に共感し、それがモチベーションとなるのです。

 

ロールモデルを見出すことは女性活躍のみならず、地域活性にも重要であると考えます。

 

 

 

★  目的 

 

 

・ロールモデルの発掘 ⇒起業の動機づけ・自分の将来像を描きやすくする

 

 

・オホーツク地域での起業促進⇒地域活性・雇用創出・人口流出の抑制・出生率アップ

 

 

・社内キャリアアップ ⇒働く女性の意識向上・企業側の意識向上・キャリア形成への動機づけ

 

 

・学びと励まし合い  ⇒事業の継続、定着

 

  

★  オホーツクキャリア大賞 各部門 

 

 

・起業・事業家部門~起業なさった方、フリーランスの方などが、

 

       起業に至るきっかけや思いを語ってくださいます。

 

 

最終ノミネートは3名(発表順)

 

永野間かおりさん(網走市)

 

松﨑聡美さん(北見市)

 

十和田純栄さん(北見市)

 

 

 

 

・キャリア部門~企業や団体に属しながら、自分らしく働くことについて語ってくださいます。

 

 

最終ノミネートは1名

 

長内美紀さん(網走市)

 

 

 

・特別部門「夢を語る」~これから取り組みたい事、

 

 この地域を共に盛り上げたいという思いを語ってくださいます。

 

 

 

最終ノミネートは3名(発表順)

 

外崎めぐみさん(網走市)

 

服部郁子さん(北見市)

 

村井千夏さん(北見市)

 

 

★結果は、さらに下にスクロールして下さいませ!

 

  

★  応募から各賞決定までの流れ 

 

事前に応募用紙による1次審査 

 

                                                                                                                                        

 

フォーラム当日最終プレゼンテーション

 

                                                                                                                                        

 

フォーラム当日最終審査及び大賞・各賞発表

 
 

 

 

審査員

 
 
 

・辻直孝 北見市長 (審査委員長)
・森田良二 オホーツク総合振興局長
・水谷洋一 網走市長
・土屋敦司 北海道新聞北見支社長
・松浦豊子 北見商工会議所女性会会長
・北村貴 十勝CDN事務局長
・倉本ひと恵 当会の会長

 

 

 

★★★★★★★ 後援(決定順に記載しています)★★★★★★★★★

 

 オホーツク総合振興局

 

北見市

 

網走市

 

オホーツク町村会

 

北見市教育委員会

 

北見商工会議所


結果発表

オホーツクキャリアデザイン大賞プレゼンテーションを2016年2月27日に行って頂きました。

厳正な審査の末、以下の結果となりましたのでご報告申し上げます。

 

大賞

長内美紀さん

 

起業・事業家部門

永野間かおりさん

 

キャリア部門

長内美紀さん

 

特別部門「夢を語る」

服部郁子さん

 

惜しくも受賞を逃した皆さまも、会場にいた皆さんから「素晴らしい発表だった」「緊張している様子が益々、応援したくなった」などの声を得て、ご自身の活動に一層、力を入れておいでです。

 

次回は2018年に行います。皆さまのご参加・ご支援をお待ちしております。